出展者一覧

フリーワード検索

検索結果:9

ゾーン出展者一覧
東京きらぼしフィナンシャルグループゾーン

きら-1-5アスエネ ハイブリッド出展

「アスゼロ」は、複雑だったCO2排出量算出業務をカンタンにサポートする、CO2排出量見える化・削減クラウドサービスです。温室効果ガス・CO2排出量の算出・可視化、削減・カーボンオフセット、Scope1-3のサプライチェーン排出量の報告・情報開示を支援します。

きら-1-1 イスズ ハイブリッド出展

今回の出展では、JR小机駅前で展開している「GRIND LAND 未来の遊び場」プロジェクトを紹介します。
このプロジェクトでは、オフグリッドトレーラーハウスの製造ヤード、スケートパーク、野外サイネージスクリーン、飲食スペースを併設した「集いの場」を作っています。
オフグリットトレーラーハウスは停電時に電気、熱を利用できることで地域の防災拠点にもなります。
その他にも、太陽光発電(自家消費、NON-FIT)や蓄電池の事例をご紹介します。
皆さまの考えるSDG's、脱炭素をより魅力的にすること、ご協力させてください。
当日、弊社ブースにて皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

課題解決

オフグリッドトレーラーハウス、太陽光発電、蓄電池等にて、皆さまの考えるSDG's、脱炭素をより魅力的にすること、ご協力させてください。

きら-1-6エジソンパワー ハイブリッド出展

電池容量1~1000kwhの産業用蓄電池を開発から量産まで一貫対応!リチウムイオン電池に関する15年以上の実績があります。官公庁への納入実績も多数。太陽光発電システムと蓄電池を融合した定置型蓄電池システムもPCSやBCMの設計から、現地での据付工事までワンストップ対応!

きら-1東京きらぼしフィナンシャルグループ ハイブリッド出展

きらぼしグループは銀行業をはじめ、証券業やコンサルティング業、Fintecなどさまざまな分野における商品・サービスを展開しております。グループの総合力を活かし、全力でお客さまの課題解決に取り組みます!当行ブースでは多岐に渡るきらぼしグループの取組みと「カーボンニュートラルの推進に貢献する企業」をテーマに当行のお取引先さまを8社ご紹介しております。

課題解決

東京きらぼしフィナンシャルグループでは、グループの総合力を活かし、中小企業の皆さまの様々なお悩みに対応いたします!また、東京都とは包括連携協定を締結しており、様々な行政と中小企業の橋渡し役も担っています。

きら-1-3東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻田中謙司研究室/株式会社アルバクロス ハイブリッド出展

田中研究室では、電力・物流・小売など様々な業界における課題を解決する研究を行っています。研究分野は、①ブロックチェーンを活用した電力流通決済システム、②需要供給予測に基づく物流・電力のマネジメント法、③電力供給データを用いた不在配送回避などでカーボン・ニュートラルに関連する研究も行っています。株式会社アルバクロスは田中研究室と連携し、広く産学連携案件に取り組んでいます。

きら-1-8株式会社日本フードエコロジーセンター・さがみはらバイオガスパワー株式会社 ハイブリッド出展

食品ロスを焼却処分するのではなく、品質の良いものはエコフィード(飼料)へリサイクルすることにより食料自給率の向上へ結びつけ、飼料化にふさわしくない油脂分の高いものやコーヒー粕等はバイオガス(再生可能エネルギー)として有効活用するというカスケード利用の取り組みを紹介します。

  • BS朝日のYoutubeチャンネルにて、日本フードエコロジーセンターにおけるエコフィード(飼料化)事業が紹介されています。

課題解決

SDGsに対する認知度が高まり、食品産業においてはますます形だけではない本質的な「食品ロス」問題への対策が求められています。発生抑制を前提としつつも、現在の社会システムではどうしても発生してしまう食品ロスについて、私たちはその資源価値を最大化できるソリューションを提供します。2018年度SDGsアワードにて最優秀賞の評価を頂いたエコフィード(飼料化)事業を基軸に、2023年度より飼料化に向かない食品ロスを原料としたバイオガス発電事業を開始します。これにより、単なる食品リサイクル率の向上だけでなく、一事業所で発生するすべての食品ロスの資源価値の最大化を、ワンストップで実現することが可能になります。

きら-1-4NEXTWAY ハイブリッド出展

ビジネスパートナーを探してます。ポリマテリアルⓇは、様々な素材とNEXTWAY開発特殊塗料とのマッチングによる新複合素材です。新素材開発企業として、サステナブルな未来に果敢に挑戦し続けます!
ソフトバンク株式会社様の基地局支持柱強化方法に当社ポリマテリアルⓇ製品が採用されています。

課題解決

当社は環境にやさしい複合素材を開発しました。
貴社の素材においてさらなる効果が期待できると考えております。
商品開発において更なる付加価値、何かプラスアルファをお探しであれば、電波透過性、疎水性、断熱性、耐熱耐寒性、耐燃性、耐塩害性といった特殊塗料の特性を活かした改良のお手伝いができればと存じます。
是非ご検討をお願いします。

導入事例

ソフトバンク株式会社は5G基地局の整備において、アンテナなどの支持柱の内部に強度が高い複合素材「ポリマテリアル®」を使った製品を充塡する施工方法を導入。

きら-1-7マテックス株式会社 ハイブリッド出展

レトロな型ガラスを再利用した木製室内窓「マドリノ」を展示いたします。
「窓から日本を変えていく」は、単なるスローガンではなく、今この時代を奇跡的に生きている私たちの使命と受け止め、世界的枠組みで臨む脱炭素社会の実現、住環境に起因する健康リスクの低減、深刻な自然災害への対策など、重要課題に対する私たちの宣言です。
地球環境のティッピングポイントを迎えたいま、マテックスは、未来を拓く世代に持続可能な社会を受け渡すために全力で挑みます。

  • 枠の素材に国産杉材を使用し、ガラス部分は昭和時代に使われていた柄の入った型板ガラスをリユースした「cycleglas(サイクルグラス)を使用しています。

  • リユースガラスを使用。ガラスは製造時に大量のCO²を排出するため、リユースすることでCO²を大幅に削減できます。ガラスのリユースという選択肢を知っていただき、世の中に浸透させるべく採用していただきたいと考えます。

  • 枠の素材に国産杉を使用。木は再生産することができる持続可能な天然資源です。日本は世界有数の森林国でありながら十分に利用されていない現状から、日本に今ある木をもっと有効利用していきたい想いから、国産杉を採用しています。

課題解決

居心地の良い住まいを実現するために、室内窓「マドリノ」を空間の間仕切り壁に設置する事で、光・風・家族の気配をほどよく感じる事ができます。人と地球にやさしいことにこだわった「マドリノ」を通して、暮らしの質を高めたいと考える方々の住環境向上だけでなく、環境問題などの社会課題解決の一役を担います。

導入事例

【新築住宅】ご家族の健康や地球環境に配慮した暮らしをしたいと考えるユーザー様の新築住宅でお子様のプレイルームでの明り取りやコミュニケーションを手助けするアイテムとしてご採用いただきました。【住宅リノベーション】築40年の戸建て住宅の大規模リノベーションでリビングと廊下の間仕切り壁に設置し、空間を広く開放的に魅せるアイテムとしてご採用いただきました。【非住宅リノベーション】住宅だけではなく、ビル事務所のリノベーションにおいて水回りと事務所の空間を仕切り光を採り込むアイテムとしてご採用いただきました。

デモ・イベント情報

新宿リビングデザインセンターOZONE内3階カタログライブラリーにて、実機サンプルとカタログを展示しております。※商品とカタログ展示のみとなり、madolinoスタッフは常駐しておりません。

きら-1-2ラディ クール ジャパン ハイブリッド出展

当社が開発・製造・販売している放射冷却素材「Radi-Cool」を展示します。本素材は、放射冷却を促進することにより、素材を使用した建物内部等の温度低下や熱負荷を低減する効果があります。当社の素材は羽田空港のターミナル等に導入されており、室内温度が13%~17%低下することを実証しています。本素材は、フィルムや塗料として、施工しやすい素材です。

課題解決

放射冷却によって室内の熱も放熱することによって、今までの遮熱や断熱材よりも夏の冷房費の削減や夏の過酷な労働条件の改善等を可能にし、エネルギーを使わないため脱炭素社会に向けての取り組みとしてもご活用頂けます。

導入事例

羽田空港様での連絡橋やターミナル、日産自動車様での工場の屋根等。