小間番号:ビ‐09

東京ビジネスフロンティア

株式会社 佐竹製作所

SATAKE Precision Technology Co.,Ltd

佐竹FAXデジタル化システム

当社は山形で金属加工業を営み、埼玉に倉庫を持ち商社業を営んでおります。
ここに2019年にFA事業部を設立し、自社のノウハウを詰め込んだ、受注から製品納入までのDXシステムを開発し社内に導入を進めております。
その中で、この度「FAXデジタル化システム」をリリースしました。
本製品は、受注したFAX(紙、PDF)を基幹システムに手入力する業務を自動化するものです。
FAXのデジタル化にはAI-OCRを用いますが、精度はどうしても100%にならないため、確認作業の効率化が課題となっております。
弊社製品では、AI-OCRの誤読箇所を赤くすることで、人による確認作業の効率化が図れ、更に、FAXに記載の無い情報を付加でき自動入力を可能とします。

 

製品・技術・サービス・ソリューション情報

FA・AI-OCR・自動化

  • 佐竹FAXデジタル化システムとは、受注したFAX(紙、PDF)を基幹システムに自動化します
  • 佐竹FAXデジタル化システムとは
    受注FAXを基幹システムに手入力する業務を自動化します

出展内容

当社は山形で金属加工業を営み、埼玉に倉庫を持ち商社業を営んでおります。
ここに2019年にFA事業部を設立し、自社のノウハウを詰め込んだ、受注から製品納入までのDXシステムを開発し社内に導入を進めております。
その中で、この度「FAXデジタル化システム」をリリースしました。
本製品は、受注したFAX(紙、PDF)を基幹システムに手入力する業務を自動化するものです。
FAXのデジタル化にはAI-OCRを用いますが、精度はどうしても100%にならないため、確認作業の効率化が課題となっております。
弊社製品では、AI-OCRの誤読箇所を赤くすることで、人による確認作業の効率化が図れ、更に、FAXに記載の無い情報を付加でき自動入力を可能とします。

 

  • ネジ屋が創り、社内工場で活躍しているシステム!
    佐竹FAXデジタル化システムの流れを動画で紹介致します。

  • 佐竹FAXデジタル化システムとは
     受注したFAX(紙、PDF)を基幹システムに手入力する業務を自動化するものです。

  • 特徴
     ①読み取りミスは赤セルに変更する
     ②注文毎に改行を行ない見やすくする
     ③管理システム入力に必要な情報を付加する
     ④注文製品の在庫有無を表示できる
     ⑤Webからの注文も可能
     ⑥FAX受注したデータを可視化

課題解決

よくあるFAXデジタル化後のお悩み
 FAX注文書/納品書をAI-OCRで読み取ってはみたものの…

・精度100%にならないので、出力結果とFAXの比較作業が膨大
・商品コードが膨大で、何が正解か分かりにくい。
・注文書に無い情報も基幹システムに入力する必要がある。
・AI-OCR結果に在庫有無が表示されると嬉しい。
・まとまった受注の場合は単価が安くなり、出力結果に反映して欲しい。

⇒この悩み、「佐竹FAXデジタル化システム」で解決出来ます!

導入事例

佐竹製作所工場内、及び、商社業務内で活躍中!

デモ・イベント情報

リアル展示では、デモを実施!
AI-OCRの読み取りミスを赤く表示しています。

企業情報

出展者情報

出展者名 株式会社 佐竹製作所
SATAKE Precision Technology Co.,Ltd
所在地 〒101-0041  東京都千代田区神田須田町1-24-3フォーキャストビル
E-mail osamu.kodama@satake-s.co.jp
電話番号 03-6260-7501
FAX 03-3525-8059
URL http://www.satake-s.co.jp/