小間番号:D-03

DX・GXゾーン

リサーチコーディネート

Research Coordinate, Inc.

お客様それぞれの課題が出発点! 面白いものづくりしませんか?

▪️以下のご紹介をさせていただきます。
1)サービス:『データ分析』・『AIコンテンツ開発』
2)開発実績:『スマートフォンアプリ』・『Webシステム』など
3)技  術:『画像分析』・『動作分析』・『3DCG/VR』など

▪️面談予約(会期中20日〜22日)
https://timerex.net/s/hshmt.mss_eab4/13acd5a0

▪️Web面談予約(会期前後を含む)
https://timerex.net/s/hshmt.mss_eab4/e184c110

どんなことでもまずはお気軽にご相談ください!

 

  • logo

製品・技術・サービス・ソリューション情報

出展内容

▪️以下のご紹介をさせていただきます。
1)サービス:『データ分析』・『AIコンテンツ開発』
2)開発実績:『スマートフォンアプリ』・『Webシステム』など
3)技  術:『画像分析』・『動作分析』・『3DCG/VR』など

▪️面談予約(会期中20日〜22日)
https://timerex.net/s/hshmt.mss_eab4/13acd5a0

▪️Web面談予約(会期前後を含む)
https://timerex.net/s/hshmt.mss_eab4/e184c110

どんなことでもまずはお気軽にご相談ください!

 

  • 『データ分析』『AIコンテンツ開発』。単発の分析案件から、アプリ開発、Webシステム開発、エッジデバイス開発など。どんなことでもまずはお気軽にご相談ください!

  • 『熊検知AI』。熊を自動的に検知し出没状況を把握。熊被害軽減、野生動物保護、作業効率化・労力軽減・コスト削減などが期待されています。画像認識技術。

  • 『身的共鳴』。アバターの動きを見て・真似して・学ぶ。AIがリアルタイムでシンクロ率を計算。スポーツやリハビリ等の分野で活用が期待されています。動作分析技術・3DCG/VR技術。

課題解決

動作分析、表情分析、音声分析、動画分析、画像分析、センサーデータ分析、ビジネデータ分析、統計解析、機械学習、深層学習、予測分析、判別分析、アプリ開発、エッジデバイス開発、クラウド開発等。

導入事例

【お客様例】大学・研究機関、製薬企業、食品企業、医療機関、ヘルスケア関連企業、医療機器開発企業、スポーツ関連企業等。
【ご活用例】オンライン動作分析システム開発、アプリ開発、Webアプリ開発、医療機器開発、IT/Iot AI経営、健康経営、機器の故障予測、獣害対策、学術研究、創薬研究、食品研究開発等。

デモ・イベント情報

『VRゲーム』のデモを予定しています。

企業情報

出展者情報

出展者名 リサーチコーディネート
Research Coordinate, Inc.
所在地 〒160-0023  東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿高木ビル8F
E-mail contact@research-coordinate.co.jp
電話番号 03-6890-3389
URL https://www.research-coordinate.co.jp/